オール電化のメリット/オール電化を知ろう

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化を知ろう  >  オール電化のメリット

オール電化のメリット

省エネ

電気は本来、一次エネルギーから40%程度しか使えない、効率が悪いエネルギーでした。ヒートポンプ技術の向上により、空調では省エネエアコン、給湯ではエコキュートが登場し、電気では省エネルギーを実現しました。

IH クッキングヒーターは、熱効率が79% 程度なので、非常にロスが少ない機器であると言えます。
ただ、一次エネルギー効率から考えると利用可能エネルギーは29%となり、省エネルギーではありません。

人にやさしい 最新の住宅設備は日々、快適な生活のために進化しています

オール電化住宅で、人気なのはIHクッキングヒーターです。室内燃焼をしないので、家の中の空気がキレイに保てるほか、調理をする天板の掃除が楽です。

オール電化住宅に限らず実現できますが、お風呂にお湯をはったり、温度調節をしたりなど、リモコンひとつで設定ができ、いつでもお風呂を楽しむことができます。
また、キッチンとお風呂などの同時の出湯にも強いのが特徴です。

エコキュートは湯切れしないように、日々のお湯の使用量を計算し、必要な分だけお湯を沸かすように作られています。

安全 正しい使い方をすれば、とっても安全な暮らしを過ごすことができます

IHクッキングヒーターを使っての調理は、火を一切使わないので、とても安全です。また、消し忘れ防止や鍋がないと熱くならない、などの安全設備も整っています。

最近では、ガスコンロでもセンサー式により制御が可能になってきましたが、IHクッキングヒーターでもガスコンロでも正しい使用法を守り、安全に過ごせるように気をつけましょう。

お得 初期費用がある程度かかってきますが、ランニングコストは場合により割安になります

オール電化住宅にするには、エコキュート本体やIHクッキングヒーター本体の購入が必要です。
しかし、機器の寿命は10年とも言われていますので、機器を大事に使うことでランニングコストを含めて計算するととてもお得になります。

補助金制度、オール電化住宅割引などもあり、どうしてもかかってしまう初期費用を少しでも、おトクにするための方法もいろいろ用意をされています。
ランニングコストは、ガスの基本料金がかからない分、お得になると言われています。

オール電化専用の価格形態があり、深夜の電気料金が割安になります。おトクな深夜電力を使って、給湯を行います。通常の生活では、日中の電気料金は高くなってしまいます。しかし、日中に家を留守にすることが多い方にはお得かもしれません。

他にもどんなメリットやデメリットがあるのか詳しく知ろう♪