床暖房リフォーム/オール電化リフォームについて

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化を知ろう  >  sオール電化リフォームについて  >  床暖房リフォーム

床暖房リフォーム

「電気式床暖房の種類」について

電気(ヒーター)式床暖房 床下にヒーターを内蔵したパネルを設置し、そのヒーターが発熱して暖める

温水式床暖房 熱源機でつくった温水を床下に設置した温水パネルに循環させて暖める

電気(ヒーター)式床暖房
仕上げ材一体型

電熱線やPTCヒーターを用いた床暖房が、電気(ヒーター)式床暖房です。
初期の導入コストが安く、簡単に導入ができるのでリフォームなどに最適です。

メリット

●初期工事が簡単。パネルを敷くだけで導入できるものもあり、リフォームでの導入などに最適です。

風流などがない暖房なので、ウイルスやホコリを巻き上げることがありません。

デメリット

電気(ヒーター)式は、ホットカーペットのようなものなので、伝導熱で暖めるものです。そのため、部屋の全体が暖まることがなく、接触面のみ暖かくなります。

初期費用は安いのが特徴ですが、ランニングコストが高く、特に電気料金が高い日中に長時間使用する場合は割高になります。

温水式床暖房と比べると、床の暖まりムラができ、温度ムラができます。

温水式床暖房
ヒートポンプ式温水床暖房

温水式床暖房は、床下に温水を通して暖めるので、輻射熱と伝導熱の両方で部屋全体を暖める方法です。理想的な「頭寒足熱」が可能で、身体にもよい暖房方法です。

メリット

●太陽のような暖かさ。輻射熱でポカポカになる「頭寒足熱」の暖房です。

室内温度が上昇しなくても暖かく感じるようになるので、温度上昇による乾燥を防ぐことができます。

風流などがない暖房なので、ウイルスやホコリを巻き上げることがありません。

デメリット

ヒートポンプ式は床暖能力が低いため遅く、暖房効果のある温度になるのに約2時間かかります。

オール電化住宅にて温水式床暖房を設置する場合、ヒートポンプの設置がもう1つ必要になるものもあるので、初期費用が高くなり、設置スペースを広くとる必要があります。