ハイブリッドな暮らしで節電生活/ハイブリッドな暮らしとは

オール電化の次は?navi HOME  >  ハイブリッドな暮らしとは  >  ハイブリッドな暮らしで節電生活

ハイブリッドな暮らしで節電生活

家庭内で電気を使うのは・・・・
一般家庭のおける消費電力量の内訳

出所:資源エネルギー庁 平成16年度 電力需給の概要(平成15年度推定実績)
注:割合は四捨五入しているため、合計が100%とは合いません。

一般家庭では、さまざまな電気が使用されています。エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビの4つが多くの電気を使っているとされています。
家庭での節電は、多くの電気を使っているものから節電したり、使っていない電化製品の待機電力を減らすなどの工夫が必要です。
その他、オール電化住宅では、給湯にはエコキュート、コンロにはIHクッキングヒーターでも電気を使っています。

調理は、ガスでおいしく節電&省エネ!
調理 IHクッキングヒーター ガスコンロ

ガスコンロの魅力は、直火による料理がおいしくできること。中華料理や煮込み料理など対流熱も必要な料理は、やっぱりガスでおいしく作りたいですよね。
さらに、ガスコンロはIH クッキングヒーターに比べて、大幅に省エネになるのです。ガスの燃焼なので、もちろん電気は使いません!節電にもつながります。

さらに、調理を節電する方法は?

暖房は、電気暖房よりも温水式ガス床暖房で節電、快適!
暖房 エアコン 温水式ガス床暖房

1年で冷房を使う時期は3ヶ月、暖房を使う時期は5ヶ月とされています。冷房の時期はもちろんですが、暖房の時期も継続的な節電が必要です。
暖房の時期の節電には温水式ガス床暖房が最適です。ハイブリッド給湯・暖房システムで沸かしたお湯を循環して床を暖めるため、電気使用量はエアコンの10分の1。また、オール電化住宅では電気ヒーターや電気カーペットを併用するなど、電気使用量が増えています。

給湯は、電気とガスのイイトコドリで節電、省エネ!
給湯 エコキュート ハイブリッド給湯・暖房システム

エコキュートはすべて電気で90℃のお湯を沸かしますが、ハイブリッド給湯・暖房システムは電気とガスの得意なところでそれぞれが稼働するので、使用電力量が45%OFFに。さらに電気とガスのイイトコドリで、ガス使用量もガス給湯器に比べ75%OFFで、最も省エネルギーの給湯を実現しました。